トップ

症状のお悩み

このような症状で悩んでいませんか?

原因がはっきりしない痛みや長引く痛み…。
自己診断でそのままにしておくと、治るまでに時間がかかる場合や、完治しない場合があります。
また、知らない間に症状を悪化させてしまうかもしれません。
原因を正確に診断し、適した治療を行うことが大切です。

頭痛、首の痛み・肩がこる、肩が痛い・万歳しにくい、肘が痛い、腰が痛い、手がしびれる、手指が痛い、足が痛い、膝が痛い、足がしびれる、足の付け根が痛い​などの症状がありましたら、​ご相談ください。

​あなたの骨は大丈夫ですか?

現在、日本における骨粗しょう症患者数の8割以上が女性であり、その主な理由として

① もともと骨量が少ない

② 運動量が少ない

③ カルシウム摂取量が少ない

④ 閉経後に女性ホルモンの分泌が激減する

ということが挙げられます。

また、最近では若い女性も、ダイエットや不規則な生活、運動不足などにより、骨量の減少が認められています。
骨密度測定では、微量のX線を使って骨の中にあるカルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分の量を計測するものです。このミネラル成分が不足してくると、骨がもろくなり、骨折しやすくなります。特に高齢者では治りが遅いため、骨折がもとで寝たきりになってしまう人も少なくありません。骨粗しょう症の早期発見や治療の効果を判定するために、全身用骨密度測定装置での検査をお勧めします。

​あなたの骨は大丈夫ですか_